脳ドック MRI 健康診断 土曜・日曜・祝祭日も,ご予約承ります 千葉県 香取市

診療内容
頭痛
くも膜下出血
脳腫瘍
緊張型頭痛
片頭痛
群発頭痛
三叉神経痛
佐原のおすすめ
リンク集
頭痛 緊張型頭痛

  緊張型頭痛は、以前、筋収縮性頭痛、緊張性頭痛のなどと呼ばれていた頭痛で、生涯有病率は30〜78%の範囲とされており、外来に来る頭痛の患者さんで一番多い頭痛です。
  

緊張型痛の特徴

  緊張型頭痛は、中高年に多い頭痛で、女性にも男性にもみられます。 毎日起きる人が多いのですが、月に数回程度の人もいます。圧迫感、頭重感が特徴的で、後頭部から首筋にかけて凝ったように痛んだり、頭の上に重石が載ったような頭重感や頭全体が締められるように痛んだりします。 夕方になると、特に後頭部が、重苦しく締め付けられる様に痛むと訴える方も多い頭痛です。

緊張型頭痛の原因

  緊張型頭痛は、精神的なストレスや肉体的ストレスが原因となり、頭から首、肩にかけての筋肉が硬く緊張した状態になると、筋肉の血流が悪くなります。すると筋肉には十分な酸素や栄養分が届かなくなり、疲労物質等の悪い物質も送り出されなくなってしまいます。

 そのため筋肉は血管を細くする物質や神経を刺激して痛みを起こさせる物質、痺れを起こさせる物質などいろいろな悪い物質を作るようになってしまいます。この悪循環がどんどん進んでおきるのが緊張型頭痛です。